栗の実 洋品店



<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


笑って受け止めること

子マロンも無事に保育園に登園でき
お腹の豆マロンも男子とわかり
家族みんなで喜んで
おだやかな生活に戻ろうとしていた矢先

子マロンの先天性真珠腫という
症例の少ない珍しい耳の病気が発覚
しかも難治性の難病らしく
手術はくり返しが必須のよう
場所が場所だけに
色んなリスクや障害の心配もあるとのこと

最初に聞いたときは
子マロンがいない場所でしたが
どうしていいか分からないくらい
取り乱してしまい号泣してしまいました

上手に産んであげられなかった自分が
本当に悔しくて悔しくて
これから何回も手術を受けるであろう
子マロンを思うと
震えが止まりませんでした

でも、色々調べるうちに
同じ病気にコロッケさんがかかっていたとか
小さな子でも、手術をくりかえしながら
普通の生活を送れていることに
少しづつ希望が見えてきました

詳しい検査はこれからなので
先はどうなるかは分からないのですが
幸いにもこちらの大学病院に
最近呼ばれて教授になった方が
子マロンより小さな男の子の手術を
内視鏡で成功させているらしく

症例の少ない病気のなかで
地元で症例を扱える良い先生がいることに
感謝の気持ちでいっぱいです

でも考えてみれば
いつも色んなことがあっても
周りの人に支えられて
必ずピンチを乗り越えている私

なので、今回の件も
なんだか大丈夫と確信がでてきました

ということでみなさんも
私に会ったらぜひ大丈夫とおまじないの
前向きな言葉をくださいね

大変とか可哀相とかはいらないので(笑)

子マロンは病気のことを
先生が目の前で説明してしまったので
かなり不安な様子

でも、私が笑っていると
彼も大丈夫と思えてきているようです

私がしなければいけないことは
泣くことではなく笑って受け止めること

毎日が少しでも楽しくて幸せと
嫌なことがあってもすぐに消し去れるように
たくさん愛してあげようと思います
[PR]
by marron-petit | 2011-10-21 10:50 | つれづれのお話

退院してきました。

術前に発熱
術中に血管損傷
術後に嘔吐

子マロンのバタバタとした手術も
トラブルがありつつも終了して
無事に退院していました

終ってみれば
トラブルがあっても
それ以上のいい結果があったので
手術をしてもらってよかった
とひと安心しています

腹腔鏡での手術のおかげで
術中にカメラで覗いてみたら
右側の鼠径ヘルニアだけでなく
左側の鼠径ヘルニアも発見!
両側の手術になり
出べそだった子マロンのおへそも
ついでにキレイに治してもらいました

なので、一箇所の手術のつもりが
結局、三箇所の手術になりました

リスク通りの血管損傷もありましたが
生死にかかわりなく
二日ほどのベッド上での絶対安静でした

本人は日々元気が復活中
走ったり飛んだりが厳禁の自宅安静
けれども、目を離すと
痛がっていても動き回る子マロン

私的にはまだまだ心配がつきない
そんな日々が続いていますが
とりあえずみなさんに ご報告まで。。
[PR]
by marron-petit | 2011-10-01 14:34 | つれづれのお話


www.kuri-nomi.com
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ホームページはこちら
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧